日本の危機ニュース2chまとめ

目まぐるしく変化する世界情勢のなか、日本大丈夫なの?を前向きにまとめた政治・経済系ニュース速報です。

    日本の政治から経済情報を中心に最近頻発する地震の影響、それからくる経済状況だけでなく、近隣諸国の情勢からの日本への影響を中心にまとめています。
    世界の保護主義化が進む中、これからの日本はどうなるんでしょうね。。


    【経済】スバルはなぜ「無人自動運転」を目指さないのか★2





    1 ニライカナイφ ★ :2017/03/27(月) 16:36:21.98 ID:CAP_USER9.net

    「運転支援システム『アイサイト』を軸に究極の運転支援の実現を目指す。この延長線上にあるのが自動運転だ」。
    取締役専務執行役員の武藤直人は富士重工業が目指す自動運転技術開発の考え方をこう表現する。

    ぶつからない技術―。
    2008年5月に投入したアイサイトはスバルブランドの代名詞だ。
    世界で初めてステレオカメラだけで車や歩行者を検知し衝突事故を防止する機能を実現した。

    国内におけるアイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの人身事故発生件数が6割減、車両同士追突事故に限ると8割以上減少。
    アイサイト搭載モデルの世界累計販売台数は昨年末に100万台を突破した。

    米グーグルなど自動運転車の開発を進めるメーカーの中には、ドライバーが運転に関与しない無人自動運転車の実用化を目指す企業もある。
    公道での無人自動運転車の走行実験を認める各国の動きも活発化してきた。

    だが富士重は「無人運転が可能なくらいの技術レベルまで高めてはいくが、ドライバーの不在を想定した自動運転車は目指さない」。
    武藤はこう強調する。

    ドライバーに“安心と愉(たの)しさ”を提供するスバル車にドライバー不在の自動運転はそぐわないからだ。
    自動運転技術の高度化を巡っては日系メーカーでは日産自動車がミニバン「セレナ」にイスラエル・モービルアイの画像処理技術を使い、渋滞時の自動走行を実現。
    海外競合なども経営資源を集中させ開発を進めている。

    これに対し武藤は「アイサイトはまだまだ進化する。自信がある」と断言する。
    アイサイト自体の性能向上はもちろん他のセンサーも使用し、対象物の認識精度を一段と高める。

    16年4月には日本IBMと組み、アイサイトが取得した走行データを効率良く管理できるインフラを構築。
    開発を円滑に進める土台もできた。
    20年には高速道路で車線変更できる自動運転技術の実現を目指す。

    画像:運転支援システム「アイサイト」の認識イメージ。アイサイトの進化で自動運転技術を確立する

    (出典 i.imgur.com)


    http://newswitch.jp/p/8441

    ★1:2017/03/27(月) 04:45:15.49
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490557515/


    【【経済】スバルはなぜ「無人自動運転」を目指さないのか★2】の続きを読む


    朝鮮大新聞「ため息が出る。経済再生、何もできない韓国・不可能はない日本」



    (出典 upload.wikimedia.org)





    1 日出づる処の名無し :2017/03/27(月) 20:09:55.13 ID:nW3uB7EZ.net

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401720.html

    韓国が通貨危機以降で最悪の経済低迷に苦しむのとは対称的に日本経済が「失われた20年」に終止符を打ち蘇ったとのニュースが相次いでいる。
    青年が職場を選ぶほど雇用があふれ、企業が競争力を取り戻し、不動産・株式市場にも活気が戻った。
    あらゆる経済指標が好転し、国全体が自信を回復した。

    わずか4-5年前まで状況は真逆だった。
    当時韓国は世界的な金融危機を早期に克服した成功モデルとして挙げられる一方、日本経済は瀕*状態だった。
    日本は1990年代以降のデフレのわなに落ち、景気低迷に終わりが見えなかった。
    世界市場を追われた日本企業はサムスン電子、現代自動車に学ぼうと韓国研究に乗り出した。

    2011年3月には東日本巨大地震と福島原発事故が追い打ちをかけた。
    皆が日本の「失われた20年」は30年に延びると考えていた。
    そんな日本経済が劇的に復活したのだ。

    日本経済が泥沼を脱出したことにはさまざまな秘訣(ひけつ)があっただろうが、
    安倍晋三首相のリーダーシップが最も重要な役割を果たしたという点は疑うべくもない。
    最近安倍首相は夫人が関与した国有地売却スキャンダルで支持率が低下したが、経済運営だけは高い評価を受けている。
    朴槿恵(パク・クンヘ)政権と同じころに政権の座に就いた安倍首相は
    思い切った資金供給と企業寄りの資金緩和を行い、経済の悪循環を反転させた。

    12年12月の政権発足当時、1万円前後だった日経平均は現在2倍近くに上昇した。
    昨年の有効求人倍率は1.43で20年ぶりの高水準となった。
    就職希望者1人に1.43件の雇用が待っているという意味だ。
    韓国人にとっては夢のようなことが起きている。

    続きはリンク先で


    【朝鮮大新聞「ため息が出る。経済再生、何もできない韓国・不可能はない日本」】の続きを読む


    【F1】マクラーレン・ホンダ:アロンソ「人生で最高のレースだった」←ホンダアンチ沈黙ww



    (出典 cdn-image.as-web.jp)





    1 ツームストンパイルドライバー(catv?)@\(^o^)/ [KR] :2017/03/27(月) 18:20:55.14 ID:k4d/D5tQ0.net BE:357092553-PLT(12000)?PLT(12000)


    F1開幕戦オーストラリアGP決勝レースで、終盤までトップ10を走行していたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、「おそらく僕の人生で最高のレース」と語った。

    フェルナンド・アロンソは、予選13番手を獲得。ダニエル・リカルド(レッドブル)の5グリッド降格ペナルティにより12番グリッドからスタートし、ロマン・グロージャン(ハース)のリタイアなどもあり、渾身の走りで10位争いをしていた。

    その後、巧みな走りでエステバン・オコン(フォース・インディア)を抑え続けていたが、サスペンショントラブルによりレース残り7周のところでリタイアとなった。

    ■アロンソ、人生で最高のレース

    しかしアロンソは「競争力のないクルマ」でポイント圏内を走行していたのは驚きだったと認めた。

    「おそらくその瞬間まで僕の人生で最高のレースだったね」

    「冬の準備なしで、競争力のないクルマで、野蛮な方法で燃料をセーブしなければならないのは何度もあった。僕たちは1周あたり約2秒上げなければならないのに、それでも僕たちはポイント圏内にいたんだ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000023-fliv-moto


    【【F1】マクラーレン・ホンダ:アロンソ「人生で最高のレースだった」←ホンダアンチ沈黙ww】の続きを読む

    このページのトップヘ